アロマとカラーのヒーリングショップ teteのお店
アロマセラピー・カラーセラピー・沖縄コスメなどAromaya teteが自信を持ってお届けするヒーリンググッズです
ホームアロマセラピーの楽しみ方

アロマセラピーの楽しみ方



             

                    ~吸入~


 ティッシュやハンカチに精油を1~2滴垂らしてゆっくり深呼吸。
 緊張した時、イライラした時にはリラックスできる香りを。
 瞬時に気分転換したい時にオススメ。深く息を吸って香りが全身に広がるイメージ
 を。そして身体の中にあるモヤモヤ・イライラを一緒に出すように息を吐く。
 これを繰り返してみて下さい。

 また免疫力を高めてくれる精油(ティートゥリー、ユーカリ・ラディアータなど)を
 使えば風邪、インフルエンザ予防に。
 鼻水、鼻づまりの時にはローズマリーやペパーミントなどすーっとした香りをどうぞ。
 緊張をほぐしたい時にはオレンジ、ラベンダー、ネロリなど。



               

                     ~芳香浴~


 アロマライトやアロマポットを使用してお部屋に香りを広げる方法です。
 どちらも水を張ったところに精油を垂らし(2~5滴くらい)電球やキャンドルを
 つければOK!今はおしゃれなディフューザーもたくさんありますね。
 仕事や勉強の時には集中できる香りを。疲れた時はリラックスできる香りを。
 風邪予防の時。恋人とロマンティックな夜を過ごしたい時など、その時の状況に
 合わせていろいろ試してみましょう♪ブレンドしても楽しいですよ。

 専用の器具がなければ、マグカップでもOK!お湯をはり、そこに精油を入れると
 湯気とともに香りが広がります。時間があまりない時などにオススメ。
 使い終わった後、間違えて飲まないようにして下さいね。




               ~アロマバス~

 お好きな香り、症状に合わせた精油を浴槽に1~5滴垂らしてよく混ぜます。
 蒸気とともに広がる香りはあなたを包み込んでくれるでしょう。
 お湯はぬるめにして、ゆっくりと浸かることをオススメします。

 お肌に対して刺激がある精油を使うとピリピリしたり赤くなる可能性があります。
 それらを使う場合は直接、精油を垂らさず、天然塩(約30g・ひとつかみ)や
 はちみつ、牛乳(約大さじ1杯)などに精油を混ぜてから使用しましょう。
 グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系。
  レモングラス、メリッサ、ゼラニウムなども同様です。
 またフェンネル・スウィート、タイム・ホワイト、ローレルなど。
 皮膚が敏感な方はどの精油を使う場合でも塩などに混ぜて使用したほうが
 いいでしょう。
 クローブ・バッド、シナモンリーフは皮膚刺激がかなり強いので、アロマバスでは
 使用しないで下さい。




               ~手浴(ハンドバス)~

 洗面器に熱めのお湯を入れ、精油を1~3滴垂らして、よく混ぜます。
 両手首を入れて、ゆったりとした気分で10~15分ほど行いましょう。
 指や手のひらを揉みほぐすと気持ちいいですよ。

 お風呂に入れない時、時間があまりない時に手軽に出来る方法です。
 勉強や仕事のあと、リフレッシュしたい時に。
 手が冷えている時に。

 ※同じ方法で、ひじを温める‘ひじ浴’があります。
   肩こりや腕の疲れを感じる方にオススメ。




             ~足浴(フットバス)~


 大きめの洗面器かバケツなどに熱めのお湯をはり、精油を1~3滴垂らし
 よく混ぜます。両足首を入れて、ゆったりとした気分で15~20分ほど行いましょう。
 お湯が冷めた時に足せるよう、手元にポットに入れたお湯を置いておくと便利です。

 手浴を同じように、お風呂に入れない時に手軽に出来る方法です。
 入浴と同じくらいに全身が温まり、血行が良くなります。
 足腰が冷えている方、むくみがある方などは特にオススメ。

 ※「座浴」という方法もあります。大き目のたらいにお湯をはり、精油を入れ
   腰を入れて温めます。痔、膀胱炎や膣炎、生理不順のケアにどうぞ。




             ~トリートメント~


 キャリアオイルと呼ばれる植物油(ホホバオイルなど)に精油を溶かし薄めて
 トリートメントオイルを作り、身体をマッサージする方法です。

 キャリアオイル10ccに対して精油を2滴入れると1%濃度になります。
 足、手など部分的なマッサージ、全身のマッサージはこのくらいの濃度が
 いいでしょう。お顔のマッサージの場合はキャリアオイル5ccに対して精油を
 1滴(0.5%濃度)にして使用しましょう。

 トリートメントオイルを手に取り、少し温めてから手のひらで伸ばし、トリートメント
 する部位につけて行います。足や手の場合はオイルをつけ、心臓に向かって
 擦るようにトリートメントすると‘むくみ’に効果的です。
 手足が冷えている方はお腹のマッサージがオススメ。みぞおちの下から下腹部まで
 をゆっくりマッサージすると内臓に集中していた血液が手足に戻り、冷えの緩和に
 なります。(便秘の方は下腹部を‘の’の字を描くようにマッサージ)

 ご自分の身体をトリートメントするセルフケア。
 お友達やご家族の方同士でも。いろいろお試し下さいね。

 



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス